妊婦さんと青汁

妊婦さんと青汁

青汁は、妊婦にとっては必要な栄養素が特に詰まっており、とてもいいものです。医師に相談してOKが出れば、ぜひ飲んでほしい健康食品です。

つわりなどで思うように食べられなかったり、食事制限などがあると、妊婦にとって必要な栄養素がなかなかとれないものです。

青汁はこのような時、バランスのとれた栄養を気軽に摂れるという点で、栄養を補うことができるのです。

青汁の中に含まれる「葉酸」

青汁の中には、妊婦に特に必要な「葉酸」が含まれています。厚生労働省の指針では、妊婦はこの葉酸を1日400μgとることを勧められています。

なぜ妊婦に特に葉酸が必要なのでしょうか?

それは、新生児の体を「神経管閉鎖障害」から守る働きが葉酸にはあるからです。葉酸の必要性は母子手帳にもかいてあるほどなのです。

この神経管閉鎖障害とは、新生児の中枢神経がうまく育たないという病気で、歩行障害や、膀胱機能や直腸機能障害などを引き起こす恐ろしい病気なのです。

また、極端な葉酸不足は、母体にも危険な状態を引き起こし、流産や死産の可能性も高くなります。葉酸を適量摂ることで、新生児の神経管閉鎖障害を70%の確率で防ぐことができるともいわれています。

葉酸は、食品では、ほうれん草や芽キャベツといった青野菜に含まれていますが、相当量食べないと、400μgという量は摂取できません。ただ、毎日これらを大量に食べるというのは、なかなかできることではありません。

そこで、1杯に葉酸およそ150μgが含まれているという青汁を2〜3杯飲めば、葉酸不足は解消できるのです。このような点で青汁は、赤ちゃんやお母さんの健康を守るのに大変役立つ飲み物です。

ただし、妊娠中は、さまざまな体の変化がありますので、飲み始める前に必ず医師に成分チェックをしてもらってください。また、1度にたくさん摂取することも危険ですから、適量を守って飲んでください。