日本人に必要な野菜

青汁は、現代の日本人の救世主

昨今は、食の欧米化や、コンビニ、ファストフード店の増加などにより、肉やパンなどの摂取が多くなった日本人。
栄養も偏りが多くなりました。和食中心だった昔とは比べ物にならないほど、現代の日本人の野菜不足は深刻です。

厚生労働省の定めでは、成人1日あたり350gの野菜を摂るべきだとされていますが、実際は平均摂取量は290g。350g摂取できているという人は、わずか30%にすぎません。

朝食などを抜いて1日3食食べない人も増加していて、現代日本人の栄養の偏りが心配されます。実際、栄養バランスの崩れにより生活習慣病が増え、死亡原因のおよそ3割が、この生活習慣病が原因だといわれています。

これまで述べてきたビタミンやカルシウム、ミネラル、葉酸、食物繊維など数十種類の豊富な栄養分が含まれる青汁には、人間の基本的な健康を保つと同時に、便秘解消やアトピー性皮膚炎、心臓疾患などの改善も期待されます。

こういった理由から、気軽に栄養素を摂取できる青汁はたくさんの人に愛飲されているのです。

日常生活において、健康に不安を抱いている人や、栄養の偏りを心配はしていても中々食生活を変えられない人は、簡単に飲める青汁を始めてみてはいかがでしょうか。一日1杯飲むことから始まる健康管理は、難しいことではないと思います。

ゆっくりではありますが、確実に体によい影響を与えてくれることでしょう。