子供と青汁

子どもに青汁はいいんです!

青汁は、子どもはもちろん、赤ちゃんにも飲ませることができる健康食品です。野菜の中でも特に緑黄色野菜を多く摂らなければならない成長期の子どもには、この青汁を飲ませることで野菜不足を補うことができます。
また、新生児に必要なビタミンKも青汁でとることができます。
ビタミンKは、新生児が必要とするもっとも大切な栄養素の一つで、不足すると血に悪い影響が出ると言われており、また、大人もビタミンKの不足によって、骨粗しょう症などの病気を引き起こすことがあるのです。

ですから、小さいころから、これらのものがバランスよく配合された青汁を飲むことは、健康を維持するだけでなく、強いからだをつくることになります。しかし、1日にたくさん飲ませがちですが、用量を守って毎日飲み続けることが大切です。

たとえば、子どもの骨の形成や成長に不可欠なカルシウムですが、大麦若葉の青汁で、100gの中に1100mgのカルシウムが含まれています。これは、牛乳の11倍になります。ケールの青汁に至っては、牛乳の22倍ものカルシウムが含まれているのです。

最近の青汁は飲みやすくはなっていますが、それでも苦手なお子さんもいらっしゃるでしょう。そういった場合は、ヨーグルトや牛乳などの乳製品に混ぜてもいいですし、料理に入れるのもいいでしょう。工夫して毎日摂取させることが重要です。

子どもでも飲みやすい青汁

ちなみに、子どもでも飲みやすい青汁をいくつかご紹介しましょう。
マイケアの「ふるさと青汁」は飲みやすく、明日葉を使っているので栄養価も高いです。また、「えがおの青汁」はクセがなくすっきりしているので飲みやすいと思います。

もうひとつは、はちみつの入った、キューサイの「はちみつ青汁どもが飲みやすい青汁のひとつです。