青汁の栄養素

青汁に含まれている栄養素

青汁は、毎日飲み続けることが一番重要なことです。毎日飲むわけですから、少しでも飲みやすいものを選ぶのは当然のことです。
ここ最近の青汁は、そういったニーズに応えるため、多くの青汁メーカーが飲みやすさを追求しています。

飲みやすい青汁は、栄養素が少なく、苦味の多い青汁が栄養素が多い、と考える人もいると思いますが、決してそうではありません。

製造メーカーは栄養面を抑えて飲みやすいものを作ったのではなく、努力して研究を重ね、栄養素はそのままで飲みやすい青汁を作り出したのです。もちろん、飲みやすさを追求したメーカーと、味はともかく栄養面を追求したメーカーがあることは確かです。

飲みやすい青汁と飲みにくい青汁

飲みやすい青汁とそうでない青汁の違いは、主原料にあります。青汁の原料は主に大麦若葉、ケール、明日葉などです。

一般的に、飲みにくい青汁は、ケールを使っていることが多いですが、他の野菜と比べ、ケールは栄養価が高く、スーパー野菜と呼ばれるほどです。その反面、苦味があるのです。

大麦若葉を原料にした青汁は、抹茶風味がして飲みやすく、マイルドな口当たりになります。もちろん、大麦若葉もたくさんの栄養価は含まれていますし、美容効果もあります。初心者が飲むにはこの大麦若葉の青汁がよいでしょう。

栄養成分の面で言いますと、ケールにはビタミンA、C、食物繊維、ミネラル分が特に豊富です。

大麦若葉は、ビタミン、ミネラル、酵素が豊富に入っています。
どちらも栄養は豊富なのですから、自分の目的に合ったものを選び、かつ、毎日飲み続けられるか、などを考えて選ぶとよいでしょう。